和光市内のお店や事業所を紹介している「くらしナビ」です。

たべよう和光育ち!

和光市の食材でできるレシピ紹介
麺は鈴木製麺所、だしは池田物産、揚げは富貴揚食品、ねぎは和光市で採られた新鮮なものです。

イベント

 

豚いなりうどん(2人前)

材料

油揚げ2枚 豚挽き肉160g ごぼう 70g 人参70g 生姜おろし少々 
たまご1個 だし汁100cc ごま油大1 
調味料:砂糖 大1 みりん大1 しょうゆ大1 塩 少々 味噌 小1

作り方

①フライパンにごま油をひき、みじん切りにしたごぼうと人参を炒め、だし汁を入れ、煮詰め、出来上がったら冷やしておきます。
②ボウルに豚挽き肉、生姜おろしと調味料、たまごを入れ練り混ぜておきます。これを①と混ぜ合わせます。
③油揚げを開いて②で作ったものを詰め、火のとおりが均一になるようにならし、つまようじで開いている口をふさぎます。
④200℃に加熱したオーブンで8分から10分焼き、竹串などで火のとおりを確認します。つまようじをはずし、豚いなりを半分に切り、切り口がみえるようにうどんに盛り付けます。

うどんのゆで方、うどんだし作り方

 

うどんのゆで方

材料:新倉うどん2人前 大きめの鍋にたっぷりのお湯を沸騰させ新倉うどんを入れ軽くほぐし、約4分位を目安にゆでます。 麺の硬さは、お好みでゆでてください。 ゆで過ぎ、かき混ぜないようにご注意ください。

 

うどんだしつゆの作り方

材料:水1リットル 江戸前鰹削り節 50g ①作り方:鍋に分量の水を沸騰させ江戸前鰹削りを入れます。(昆布を入れると更にうまみが増します。水1ℓに削り節40g昆布10g目安) (水からでもOKです。) ②アクをとりのぞきながら約7分煮出し、火からおろします。 ③上澄みをボールへ移します。(ざる、ふきん、ペーパーを使うと尚良いです。)

 

ずりあげうどん

今から約50年くらい前までは、埼玉の農家にとって、ずりあげうどんは日常食と言われていました。
多くの住民が農業を生業にしていた時代、ずりあげうどんは食卓に欠かせないものでした。小麦が各家庭にたくさんあったことと、両親が遅くまで畑仕事をするため、食事の準備に手間をかけられなかったことがその理由です。 あらかじめ打っておいたうどんを釜のお湯に放り込み、茹であがったらそのまま「ずりあげ」て食べるのが名の由来。流儀は気にせず、醤油など、自分好みの薬味や卵を入れて、豪快にかき込んでたべるのがずりあげうどんです。

和光市の地元野菜販売所について

JAあさか野和光支店
丸山台1-7-9   TEL048-461-0850

和光市市内には18箇所の販売所があります。

季節によっては販売していない箇所もございますので、

市役所HPを参考にしてください。

地図から探す